静音ラック・防音ラック (株)エスアイ Si R&D
空冷静音サイエンス! 株式会社エスアイ  社会へ

▼革新!! Si R&D。只今アイデアいろいろ実践中

 2014/09/17
 エアコンレス冷却

 2014/09/06
 熱拡散 ユーザーボイス

 2014/08/27
 特注システムラック

 2014/08/04
 高規格マシンブース

 2014/07/17
 空冷最適化施工の季節

 2014/05/02
 新製品 高度防塵ラック

 2014/04/22
 騒音計の使い方○×

 2014/04/16
 ZITS新製品 S4.5-EX

 2014/04/01
 ZITS.jp 始めました !!




Co-Creation
製品・サービスの共同創造「コ・クリエーション」プロジェクト

 KeyPoint × Si R&D
関西方面での騒音体験を実施中。デモ機常設の販売代理店。


 静科 × Si R&D
特許ハニカム吸音材「一人静」をエスアイ静音ラックに組み合わせた高性能バージョンの開発。


 INABA INTERNATIONAL
  × Si R&D

オフィス空間のトータルプロデュース。静音ラック、パーティション、内装施工等によるサーバー最適マネジメントをイナバインターナショナルから提供します。

 ViSUAL TEChNOLOGY
  × Si R&D

大学・研究室向け科学解析計算機とHPC専用静音ラックを組み合わせたVT64静音化ソリューション。

 THIRDWAVE
  × Si R&D

パソコンショップ「ドスパラ」の法人事業部による用途や環境に特化した独自マシンの開発、販売。そして専用仕様の静音ラックをシステムパッケージした個別専用製品・サービスの提供。

 SOFTBANK C&S
  × Si R&D

幅広い商流をエスアイ静音ラックに組み合わせた製品供給システム。個別での調査・見積もりに完全対応。

 Apiste × Si R&D
アピステサーバラッククーラーと静音ラックを組み合わせたアクティブ冷却タイプ。部屋全体でのエアクールドマネジメントを提供。

 ROCK ON PRO
  × Si R&D

ビデオ編集システムAvid Euphonix SC264やDAWシステムPyramixとdBseries静音ラックの組み合わせは、ROCK ON PROからサポートいたします。

 DDP24D 
  × dBseries

HD編集ストレージサーバDDP24DとdBseries静音ラックの組み合わせは宮地商会PRO AUDIOからサポートいたします。

 ユーザーさま
  × Si R&D

お客様の高度な目的達成(静音化、安全運用)を実現するために、様々な関係者が協力し合い、個別専用仕様の静音ラックを供給しています。

・主なユーザーさま・お取引先
東京大学、京都大学、東北大学、九州大学、大阪大学、名古屋大学、首都大学東京、兵庫教育大学、法政大学、東海大学、早稲田大学、東北工業大学、日本大学、慶應義塾大学、青山学院大学、静岡大学、高知大学、大正大学、島根大学、成城大学、立命館大学、横浜国立大学、関西大学、東京工業大学、工学院大学、北見工業大学、山口大学、奈良先端大学、広島大学、お茶の水女子大学、埼玉大学、電気通信大学、茨城大学、気象庁、岡山県土連、東根市図書館、三鷹ネットワーク大学、豊田中央研究所、国立環境研究所、日本原子力研究開発機構、産業技術総合研究所、水産総合研究センター、物質材料研究機構、山梨県環境科学研究所、テレビ朝日、NHK、ビクターマスタリングセンター、パナソニック、宮地商会、ROCK ON PRO、ソフトバンクBB、富士ゼロックス、コニカミノルタビジネスソリューションズ、丸紅情報システムズ、日本SGI、住商情報システム、ビジュアルテクノロジー、HPCシステムズ、日本電計、コニカミノルタビズコム、東通産業、HPCテクノロジーズ、日立電子サービス、日商エレクトロニクス、三島光産、NTTデータフィナンシャルコア、富士通研究所、リオン、癌研有明病院、みずほ年金研究所、旭硝子、テプコシステムズ、ブリヂストン、鹿島建設、三菱電機エンジニアリング、三菱重工業、川崎重工業、虎ノ門病院、セゾン投信 他

コ・クリエーションの概念はミシガン大学教授Venkat Ramaswamy、Francis Gouillartの共著によるものです。







Si R&D
とは
●新しいことを考え出す会社
●ワクワクドキドキしながら進む会社
●人の役に立つことが大好きな会社

 
specer
静音ラックdBseries Home 静音ラックdBseries 製品紹介 静音ラック・防音ラックのユーザーサポート 会社案内 採用情報 お問い合わせ
specer
 更新日  2014/09/17

サーバ向け静音ラック

エスアイの静音ラック騒音密閉強制空冷マシン適合をフルパッケージ。 <特許出願済>

静音ラック・防音ラックの最新ニュース
09/17更新

区切り線
 ・静音ラック
区切り線
  SYSTEM4.5
 システム一式静音
区切り線
  S8.0 for HPC 大学,研究室向け
区切り線

  S4.5-D.WALL 超静音-27.5dB

区切り線
  dBP07V マシン1台用 
区切り線
  dB-HCP 
防音パーティション
区切り線

区切り線
 ・ZITS 放熱、空冷製品
区切り線
  熱拡散システム 施工パック
区切り線
  排熱延長キット
 既存ラック用

区切り線
  20℃施工パッケージ
 クーラー
区切り線
  空冷静音サーバー室 設計
区切り線
  間仕切りマシンブース施工
区切り線
  排気ダクト付静音ラック
区切り線
  高規格マシンブース for HPC
区切り線
 
 
・マシンルームのエアフロー対策


 静音ラックのご検討をフルサポート
 ・専任担当者が誠心誠意承ります


区切り線
 ・出張デモ
区切り線

 静音ラック・防音ラックのデモンストレーション
 
・都内近郊出張デモ承ります

区切り線
 ・販売店・代理店
区切り線
  ソフトバンクC&S株式会社
  
イナバインターナショナル(株)
  富士ゼロックス株式会社
  SCSK株式会社
  キー・ポイント株式会社
  ビジュアルテクノロジー(株)
  日本SGI株式会社
  HPCシステムズ株式会社
  株式会社HPCテック
  HPCテクノロジーズ株式会社
  トーワ電機株式会社
  株式会社エッジクルー
  (株)HPCソリューションズ
  (株)サードウェーブテクノロジーズ
  株式会社フォトロン
  音響特機株式会社
  ヒビノ株式会社
  トモカ電気株式会社
  
ROCK ON PRO
  DSPジャパン株式会社
  宮地楽器PRO AUDIO
  ファクトリーダイレクト

区切り線
 ・提携パートナー
区切り線
  ビジュアルテクノロジー(株)
  VT64静音化ソリューション
   .pdf-1 .pdf-2
  
導入例
   

   

   


区切り線

 ・サイトマップ
 ・個人情報の保護方針


区切り線

防音ラック・静音ラックdBseries

株式会社エスアイ Si R&D
197-0834
東京都あきる野市引田591-2
TEL 042-518-7555  FAX 042-518-7556
→メールでのお問い合わせ

 静音ラック・防音ラックのご相談窓口 
→アスキーII.jpで詳しい解説

specer
静音ラック・防音ラック ユーザーボイス・導入例

 凄いねいいね !! 静音ラック


オフィスサーバの騒音問題・放熱不良を様々な手法で解決します。個別最適仕様による静音ラックdBseries。空冷・静音マシンルームの現地施工。大学・研究室向けHPC静音化。Si R&Dではオフィスの音環境を専門に、創意工夫した製品開発に取り組んでいます。 

サーバー室全体での静音・放熱・効率化。→zits.jp
サーバー室の放熱改善
サーバー室の熱溜り、冷却不良をエアコンレス解決。斬新&画期的なZITS手法
静音ラック、防音ラック採用例
採用実績、主なお取引先、ご使用ユーザーさま
実際の導入例を精密測定したシュミレーションです⇒詳細
静音ラック SYSTEM4.5
dB SYSTEM4.5
・静音ラックの標準機 6U〜24U
一般オフィスに最適なスタンダードモデル。騒音密閉と安全放熱を高度に両立します。
  →詳細ページ

S8.0 for HPC
・HPC向け
大学・研究室にハイエアフロー仕様。
 →詳細ページ
<特許出願済>
ビジネスや科学技術の最先端で多くの採用実績。遮音量-24.3dB(A)、耳障りな中高域では広い範囲で-30dB(A)を維持。マシン適合のフルサポートを付帯して騒音密閉と完全放熱を両立します。

 Quick pdf カタログ


 【技術解説】
 騒音の周波数分布に着目した製品開発

音の大きなオフィスサーバーやHPCマシンの騒音は、主に500Hz以上の中〜高域に音圧が集中しています。
この帯域での定常的な騒音は特に不快度が高く、自然の音、鳥の声や風の音などと比べると一定の音量で途切れなく鳴り響くことが、苦痛を累積させる要因にもなっています。
以下の騒音グラフは静音ラックの標準機SYSTEM4.5-12Uでの測定例ですが、マシン単体ではおよそ500Hzから6.3kHzの間で大きな騒音を発生しています。SYSTEM4.5ではこの帯域をターゲットとした騒音低減が実行され平均で-27dB(A)、最大値となる-29〜30dB(A)の減衰ポイントが全体の7割(!)を占めています。



人が不快と感じる音域を重視したこの製品性能は、フルバンドのカタログデータには表れにくいですが、実際の効果として大きな違いが体感できるため、出張デモンストレーションや導入後の評価に大きなアドバンテージを見ることができます。  −R&D−


超静音ダブルウォール
S4.5-D.WALL
超静音-27.5dB
ダブルウォールによるフローティング構造で脅威の騒音減衰量と最低動作音を実現。放送局・録音向け特別仕様。
  →詳細ページ
ミドルグレードの防音ラックdB100
SYSTEM100
ミドルグレード
低価格を実現した小規模専用静音・防音ラック。シンプル構成でコストダウン。上級機同等の適合調査に対応。
  →詳細ページ
小型静音ラックdBP07V
dBP07V
サーバ1台用
ラックマウント機器やタワーサーバ1台を防音するポータブルタイプ。最適エアフロー設計で安全確実な騒音対策。
  →詳細ページ
静音要求値の高い場所には内箱が空気層でフローティングされた超静音仕様-D.WALL
SYSTEM100では上級機同等の性能とコストダウンを両立したミドルグレード専用設計の静音防音ラック。機器1台用のポータブル静音ラックケースdBPでは様々なメーカーのサーバーに個別対応。

SYSTEM60
マシン1台用
マシン1台用のポータブルな筐体に排気ファンユニットを装着。上級機の安全性をコンパクトに凝縮。
  →詳細ページ
防音パーテーションdB-HCP
dB-HCP
現地組立て型
42U等の大型ラックを囲うパーティション。サーバーを運用したまま施工可能。最適化エアフロー設計。

  →詳細ページ
防音ボックスのOEM特注設計
OEM専用設計
専用設計品
用途に合わせた専用の静音・防音ボックスを設計いたします。画像は6U縦マウントパッシブタイプ。
  →詳細ページ
様々な規模に対しての静音ラック設計・防音対策が可能です。膨張室型サイレンサーと専用遮蔽構造の組み合わせで、静かで安全な運用を実現。目的に応じた最適な個別設計で対応いたします。OEMご相談ください。
静音ラックとHPCサーバの最適な組み合わせ
SYSTEM4.5-VT64   dBP08-VT64
ViSUAL TECHNOLOGY VT64用 
VT64 HPCサーバと静音ラックの最適な組み合わせ。ビジュアルテクノロジー(株)からシステム販売を行っています。→詳細
大学、研究室向けにHPCサーバと静音ラックを組み合わせたハイスペック静音クラスタシステムを提供しています。
静音・空冷サーバールーム 消音・防音・遮音
dB-F高効率ファンユニット dB-Sサイレンサー D-50相当間仕切 
静音・空冷サーバ室 施工パッケージ 
dBseries静音ラックと同じ手法で部屋全体の静音化&最適エアフロー。室温空冷と消音の新たなご提案です。 →詳細
既存の小部屋に最適エアフローを導入する方法やパーティションでの間仕切りなど様々な手法をご用意。
←現地調査承ります!
静音ラックのショールーム
Si R&Dショールーム
ショールームでは製品の見学と音の大きいサーバーを実際に稼動させた騒音のデモンストレーションが可能です。
静音ラック・防音ラックの出張デモ
デモンストレーション
都内近郊であれば出張デモンストレーションに対応します。実際の騒音をお客様のオフィスで体感してください。
静音ラック・消音ラック 騒音測定
騒音測定
オフィスの騒音量を測定して騒音問題の解決アドバイスをいたします。静音・防音ラックご購入相談、技術相談窓口。
当社ショールームでの騒音体験や出張デモ、騒音測定、ご購入相談やアドバイスに幅広く対応します。音の問題は実際に体験するのが一番です。驚きの声が上がることもよくあります!静音ラックご相談窓口を是非ご利用ください。


<お客様の声>  →ユーザーボイス詳細ページ
消音ラックのユーザーボイス
冗談言っても笑わなかった女性スタッフが笑顔を取り戻しましたから。以前と比べたら場所が違うように静かです。
防音ラックのユーザーボイス
●東京工業大学 鼎(かなえ)信次郎博士

防音ボックスのユーザーボイス
日本放送協会デザインセンターさま


予想どおり性能が高く、とても満足しています。
●日本大学理工学部さま

予想以上だ、驚いた、これならまったく問題ない!
●富士ゼロックスさま デモンストレーション

ぜんぜん違いますね、ばっちりです。外から部屋に入ってきたときに騒音がわからない。もっと聞こえるかと思っていましたが、イメージしていたよりも大きな効果がありました。 ●東京大学大学院 工学系研究科 特任助手さま




会社ロゴ 株式会社エスアイ Si R&D
197-0834  東京都あきる野市引田591-2
TEL 042-518-7555  FAX 042-518-7556

→お問い合わせ